読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてギターを持った日

ギター始めました

本当は Angular2 の話でもしようと思っていましたが、予定を変更して今日はギターのお話をします。

すべてのはじまり

今から6年くらい前、お友達の @pi_cro_s さん*1にドライブに連れていってもらったときのことです。

彼女はショッピングモールの駐車場で、おもむろに後部座席からギタレレを取り出し、『スノースマイル』の弾き語りを始めました。 たぶんそれが6弦の楽器との邂逅かいこうだったと思います。

そのとき純粋に「弦楽器っていいな」と感じました。

あれから6年

── やがて月日は巡り、そんな儚い思い出も薄れかけていた頃、こんな au の CM を見かけました。

やってみよう。

このまま無趣味なおじさんになってしまう前に、なにか一つ趣味がほしい。

できれば長く楽しめるものがいい。 そうだ弦楽器だ。 アコースティックギターならかっこいい

とりあえずやってみて、もしダメだったらそれは仕方ない。

やらないで後悔するよりやって後悔した方がいい!!

そんな感じで、見事にau の商品とは全く関係のない方向に洗脳された僕は、あろうことかギター教室の無料体験レッスン(アコースティックコース)を申し込んでしまいました。

前置きが長くなりましたが、今日はそんな無料体験に参加してきたので、現場からリポートしたいと思います。 わー(歓声) ぱちぱち(拍手)

いざ入室

ギター教室は、都内某所の雑居ビルの中にありました。

僕は申し込んだ時間の10分前に到着。 教室に通されると、別な方のレッスンの真っ最中でした。

なんと壮年の男性が超絶技巧の演奏を繰り広げているではありませんか。

僕はなんという場所にきてしまったのか。

しかも演奏していた男性は、先生ではなく生徒さんでした。

これはもしや、僕に敢えて模範的かつ優秀な生徒のグレートな名演を見せつけることにより、教室のレベルの高さを知らしめているのだろうか。

レッスン開始

そしてついに僕が譜面台の前に座ることに。 正直、緊張でふわふわしていました。

  先生 「ギターのご経験はありますか?」

  僕 「持つのも初めてです」

  先生 「」

先生は、明らかに困惑した表情を浮かべていらっしゃいました。

そりゃそうだ。 僕だってパソコンに触るのも初めての人にプログラミングを教えろと言われたら困ってしまう。

本当に触るのも初めてなので、まずは初歩の初歩であるギターの構え方・弦の押さえ方から始まりました。

ギターの各部の名前(フレットとは何か、1弦〜6弦は具体的にどの弦のことか)や、コード譜の見方を教わりました。

ギターを弾いてみよう

最初の練習は、2弦と1弦、5弦〜3弦を使って「ドレミ」の音階を演奏する練習をしました。

まずは和音コードではなく、単音の稽古。 どの弦の・どのフレットを抑えると・どんな音が出るのかを、実際に自分の指と耳を使って体験します。 初めてだとなかなかうまくいかず。。。

練習曲は「ジングルベル(ハ長調)」。主旋律を ド・レ・ミ・ファ・ソ だけで弾ける簡単な曲だそうですが、それでも変なところを押さえたり、違う弦を弾いたりと悪戦苦闘。

CコードとGコードを押さえてみよう

教室の後半では、コードを弾く練習を行いました。 単音もおぼつかいない状態でなんですが、体験コースは駆け足です。

まずは C コードと G コードの練習から。 ギターの押さえるべき弦の位置はこんな感じです。

Canvas 1TemplateDiagramCaptionC
Canvas 1TemplateDiagramCaptionG

僕の実際の演奏をこっそりツイートしています。 人生初です。 実にたどたどしい*2

実際には各コードで弦を押さえる指が決まっており、C コード と G コードを切り替える際に指使いが大きく変わります。

スムーズにコードチェンジできるようになるには、何度も反復練習をして体に慣れさせないとダメそう。 僕にとって、これは本当に難しかったです。

CコードとAmコードを押さえてみよう

続いて、CコードとAmマイナーコードの弾いてみることに。

どちらも使う指は一緒(人差し指・中指・薬指)です。

Canvas 1TemplateDiagramCaptionC
Canvas 1TemplateDiagramCaptionAm
こちらも僕の演奏をこっそり投稿しています。 C → G のときより、多少マシになっている……?

だんだん楽しくなってきました。

ところが。

本当にいいところで体験コースはおしまい。 教室の入学案内をもらって帰ってきました。

雑感

楽器に触るのは中学以来(高校・大学の選択授業では、音楽を履修しなかった)ので、ほんとうに新鮮で楽しかったです。 小学生並みの感想で恐縮ですが、実際、音を奏でるという行為は、原始の頃から人間が持っている本質的な喜びな気がします。

音楽はやっぱりいいなぁ。


次回予告

「たーせる、ギターを買う」

お楽しみに。

*1:このブログのイラストを描いている方です。

*2:ツイートに意味不明な二重積分が含まれていますが、勝手に埋め込まれたので気にしないでください。

Copyright (c) 2012 @tercel_s, @iTercel, @pi_cro_s.