読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空を撮りたくて

君と話していた夜が懐かしい。

僕がほんの少しだけ夜空に近かった。

TM NETWORK 〝Here, There & Everywhere〟

少し前の話になりますが、念願の一眼カメラを手に入れました。

購入したのは、α7S*1 と、広角ズームレンズSEL1635Z*2です。

数ある一眼カメラの中でも特別これが欲しかったたったひとつの理由は、星空を撮りたかったから。

α7Sは暗所の撮影に長けた唯一無二の超高感度カメラ[要出典]で、発表当初から一部の星景写真家の話題となっていた[要出典]代物です。結論としては、買って正解でした*3。大事にします*4

深い闇に飲まれないように精一杯だった

はじめようか、天体観測

ほうき星を探して。

カメラを手にしたその日はとりあえず室内であれこれこねくり回していましたが、遂に我慢ならなくなり夜空を撮りに出かけました。

残念ながらこの日は曇り空でしたが、切れ間からはたくさんの星が覗いていました。

f:id:tercel_s:20150812210002j:plain

ISO感度をぐぐっと上げて撮ったので、21時でもこの明るさです。

ある晴れた日の事

あのころの未来に僕らは立っているのかなぁ。

すべてが思うほどうまくはいかないみたいだ。

f:id:tercel_s:20150816004256j:plain

こちらは午前1時頃ですな。

空に消えてった打ち上げ花火

夏が過ぎ風あざみ、誰の憧れに彷徨う。

八月は夢花火、私の心は夏模様。

井上陽水 〝少年時代〟

f:id:tercel_s:20150815202335j:plain

余談ですが、α7S は花火撮影にも強いです。

おまけ

遠くなる遙か夏よ。

流る川の町で。

Lia 〝夏影〟

f:id:tercel_s:20150812162143j:plain

超広角すごい。初めて手にしたとき、空の遠近感にびっくりしました(周辺減光はご愛嬌)。

*1:Sonyが誇る超高感度フルサイズ一眼。最高ISO感度409,600。

*2:このレンズの焦点距離は16mm〜35mm。広角端の16mmは、一般的に「超広角(≒視野が広い)」といわれている。ちなみに広角になればなるほど、視野が広がる・パースがきつくなる・被写界深度が深くなる等の特徴が顕著に現れる。

*3:いやほんとにステマではなく。

*4:カメラ本体 + レンズ + プロテクター + ゴリラポッドフォーカス + リモートコマンダー + とれるカメラバッグを買い揃えたら夏のボーナスの半分が飛んだので、冗談ではなく本当に大切にしないと……。ちなみに「とれるカメラバッグ」も心底おすすめ。これがないと一眼を持ち歩く気になれない。

Copyright (c) 2012 @tercel_s, @iTercel, @pi_cro_s.