読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな記法が数式に対応していたよ

TeX

はじめに

  • はてな記法がいつの間にか数式に対応していたよ!
  • たとえば「{e^{i\theta}=\cos{\theta} + i\sin{\theta}}」みたいな数式が簡単に入力・表示できる!
  • やり方は[tex: {}]の間にTeX (LaTeX) 形式の数式を入力するだけ!
  • これを使えば、なんかこうマセマティカルなブログも書けるよ!やったね!わーい!死にたい。

LaTeX 形式で数式を入力する方法は、『LATEX2εまるごと数式』あたりが詳しいのですが、残念ながら現在は絶版です。『[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門』にも十分な解説があります。

また、大学のレポート作成にLaTeXを利用されている理工系の学生さんにとっては馴染み深いフォーマットだと思います。

ぼくもいくつか試してみました。

数式いろいろ

例: 1行の数式

入力
[tex: {
y = e^{-\int P(x)\mathrm{d}x} \left\{ \displaystyle\int Q(x)\cdot e^{\int P(x) \mathrm{d}x} \mathrm{d}x + C \right\}
}]
出力

 {
y = e^{-\int P(x)\mathrm{d}x} \left\{ \displaystyle\int Q(x)\cdot e^{\int P(x) \mathrm{d}x} \mathrm{d}x + C \right\}
}

例: 複数行の数式

入力
[tex: {
\begin{align}
 \cos{i} &= \dfrac{e^{i^{2}}+e^{-i^{2}}}{2} \\
         &= \dfrac{1}{2} \left( e + \dfrac{1}{e} \right)
\end{align}
}]
出力

 {
\begin{align}
 \cos{i} &= \dfrac{e^{i^{2}}+e^{-i^{2}}}{2} \\
 &= \dfrac{1}{2} \left( e + \dfrac{1}{e} \right)
\end{align}
}

例: 場合分け

入力
[tex: {
\displaystyle\int_{-\pi}^{\pi} \cos{mx} \cdot \sin{nx} \mathrm{d}x = \!\begin{cases}
\pi & (m = n) \\
0   & (m \neq n)
\end{cases}
}]
出力

 {
\displaystyle\int_{-\pi}^{\pi} \cos{mx} \cdot \sin{nx} \mathrm{d}x = \!\begin{cases}
\pi & (m = n) \\
0 & (m \neq n)
\end{cases}
}

例: 行列

入力
[tex: {
\begin{pmatrix}
 a_{1,1} & a_{1,2} & a_{1,3} \\
 a_{2,1} & a_{2,2} & a_{3,3} \\
 a_{3,1} & a_{2,2} & a_{3,3}  
\end{pmatrix}
}]
出力

 {
\begin{pmatrix}
 a_{1,1} & a_{1,2} & a_{1,3} \\
 a_{2,1} & a_{2,2} & a_{3,3} \\
 a_{3,1} & a_{2,2} & a_{3,3}  
\end{pmatrix}
}

例: 行列(その2)

入力
[tex: {
\left( \!
 \begin{array}{ccc|c}
  \sigma_{1} & & &  \\
   & \ddots & & \boldsymbol{0} \\
   & & \sigma_{r} & \\\hline
   & \boldsymbol{0} & & \boldsymbol{0}
 \end{array}
\! \right)
}]
出力

 {
\left( \!
 \begin{array}{ccc|c}
  \sigma_{1} & & &  \\
   & \ddots & & \boldsymbol{0} \\
   & & \sigma_{r} & \\\hline
   & \boldsymbol{0} & & \boldsymbol{0}
 \end{array}
\! \right)
}

例: 筆記体フーリエ変換 {\mathcal{F}} とか)

入力
[tex: {
 \begin{align}
  \mathcal{F}(\alpha ) &= \mathcal{F} \left\[ f(x) \right\] \\
   &= \displaystyle\int_{-\infty}^{\infty}f(x)e^{-i\alpha x}\mathrm{d}x
 \end{align}
}]
出力

 {
 \begin{align}
  \mathcal{F}(\alpha ) &= \mathcal{F} \left[ f(x) \right] \\
   &= \displaystyle\int_{-\infty}^{\infty}f(x)e^{-i\alpha x}\mathrm{d}x
 \end{align}
}

うん、おもしろい!

きっといつか何かに使えるかも。

Copyright (c) 2012 @tercel_s, @iTercel, @pi_cro_s.